Arduino IDE のインストールと設定方法

ここはArduboyでゲーム開発を行う準備をするページです。

Arduino IDE のインストール

Arduboy公式サイトhttps://arduboy.com/からQuick Startのリンクを辿るか、 https://www.arduino.cc/en/softwareから Arduino Software (IDE) をインストールします。
Windows10の場合、Microsoft Storeからのダウンロードになります(2021現在)
インストールできたら Arduino IDE を起動しましょう。


Arduino IDE の設定

メニューバーのスケッチ→ライブラリをインクルード→ライブラリを管理を選びます。 次のようなライブラリマネージャが起動するので、「Arduboy」と入力します。

Arduboyと、スクロールさせた少し下にあるArduboy2を、インストールボタンを押して、インストールします。 インストールが完了したら閉じるボタンを押します。
※Arduboyは開発が終わっているそうです。ゲーム開発はArduboy2で行いましょう。

次に Support for the Arduboy and DevKit をインストールします。 ファイル→環境設定→追加のボードマネージャのURLに https://arduboy.github.io/board-support/package_arduboy_index.json と入力します。そしてOKボタンを押して設定を保存します。


ツール→ボードでArduino Leonardoを選びます。そしてボード→ボードマネージャを選びます。

「Arduboy」と入力して表示されるArduboyを、インストールボタンを押してインストールします。 インストールが完了したら閉じるボタンを押します。 これでツール→ボードでArduboy(Arduboy-adr)が選べるようになるので、Arduboyを選んでください。

Arduboyとパソコンを接続

ArduboyにUSBケーブルを接続し、電源を入れます。そしてパソコンのUSBポートに接続します。
Arduino IDE のメニューバーのツール→シリアルポートで、接続したArduboyを選びます。

サンプルスケッチを転送

Arduino IDE ではゲームなどのプログラムをスケッチと呼びます。 開発に入る前に、サンプルのスケッチをArduboyに転送して動作を確認しましょう。 ファイル→スケッチ例→ArduboyもしくはArduboy2で、いくつかのサンプルプログラムを選べます。 下の方にあるので▼の印で下の方に行ってください。
サンプルを開いたら「マイコンボードに書き込む」アイコンをクリックします。 サンプルプログラムがコンパイルされ、Arduboyに転送されます。

Arduboyでゲーム開発のページへ移動
プログラミング、ゲーム開発の書籍を執筆します
メールはこちらへ: